水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

蛇口はお手入れしていますか?清潔に保つためのお手入れ方法をご紹介!

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/09/30

蛇口はお手入れしていますか?

水まわりは汚れがとても気になってしまう場所です。できるだけ清潔に保ちたいと思っていても、こまめに掃除できない場合もあるでしょう。とくに毎日頻繁に使っている場所は、汚れが目立つと掃除することが多いですが、意外と見落としがちなのが蛇口です。今回は蛇口のお手入れについてまとめています。

蛇口は意外と汚れている!

蛇口を見ると、さまざまな汚れが付着していることが分かります。

汚れがこびりついてしまうとなかなか落とすことができないので、こまめに掃除することが大事です。蛇口の汚れにはどのようなものがあるのかみておきましょう。

黒カビによる汚れ

蛇口が黒っぽくなっている場合、黒カビの可能性があります。黒カビは、水垢や皮脂の汚れと一緒になってしまうこともあり、そうなってしまうと頑固な汚れになってしまうので落とすのが大変です。

黒カビは、アレルギー反応を起こす原因ともいわれているので、黒い汚れが目立ったら、早めに掃除しましょう。黒カビを除去できる洗浄剤を使うとスムーズです。

水垢による汚れ

蛇口に白っぽい汚れがついているなら水垢の可能性が高いです。水垢は、水まわりでどうしても出てしまう汚れで、水道水のミネラル成分が固まることで発生します。

水垢は、濡れた手で蛇口を触ることでも発生するので、水まわりでは目立ってしまう汚れです。

手垢による汚れ

手垢は、指紋による汚れです。手についている皮脂なども付着して蛇口周辺が汚れます。よく見なければ分からないこともありますが、指紋が見えることもあります。

簡単にできるお手入れ方法

蛇口の周りを綺麗にするために、毎日のお手入れを工夫しましょう。簡単にできる方法で蛇口周りを綺麗に保てます。

乾いた布で拭く

蛇口を使った後は、水滴をタオルで優しく拭き取りましょう。乾いた布で拭きとることで、水垢や手垢を防げます。

カビの予防にもなります。マイクロファイバークロスを使用すると、しっかり水気を取ることが可能です。水滴を取るだけの行動ですが、これでカビやそのほかの汚れがつきにくくなるのでおすすめです。

重曹やクエン酸で除去

化学薬品で清掃するのが苦手な人も、重曹やクエン酸があれば蛇口周りを綺麗にできます。重曹は酸性の汚れを落としてくれて、クエン酸はアルカリ性の汚れを落としてくれます。

重曹100gにクエン酸小さじ1杯を混ぜてペーストにしたものを使って汚れ落としをしましょう。蛇口に直接塗って、歯ブラシやスポンジで優しくこすります。細かな部分はつまようじや竹串などを使うと落としやすくなります。

かなり頑固な汚れはこすっただけでは落とせないので、パックしてみてください。ペーストをたっぷりつけて、ラップをして放置し、5分くらいしてから洗い流します。最後に乾いた布で水気を拭き取りましょう。

しつこい汚れへの対処法

さらにしつこい汚れがある場合は、下記のような対処方法で汚れを落としていくことが可能です。

黒カビを落とす場合

黒カビを綺麗に落とせるのは、塩素系の洗剤です。カビキラーなどは有名です。黒カビに直接つけて放置して洗い流します。商品によって使い方が異なるので、取扱い説明書をよく読んで使いましょう。

水垢を落とす場合

水垢はクエン酸でも落とせますが、酸性洗剤でも落とすことが可能です。クエン酸を使う場合は、水200mlにクエン酸を小さじ1杯入れて使います。

これを蛇口にしっかりふきかけてキッチンペーパーでパックし、1時間くらい放置してから剥がします。これで水垢が落ちやすくなっているので、スポンジでこすってみましょう。最後に水で洗い流します。洗剤も同様に行えます。

手垢を落とす場合

手垢を落としたい場合は、重曹を使いましょう。重曹は、500mlの水に大さじ1杯入れて使ってください。

布巾にたっぷりスプレーして、直接拭き取っていきます。拭き取ったら、乾いた布でさらに拭いて水気が残らないようにしましょう。

水回りのリフォームで手入れのしやすい環境に!

こまめに掃除しても汚れが出てしまうのが水まわりです。水まわりの汚れは、蓄積してしまうと綺麗にすることは難しいです。綺麗にならない場合は、リフォームということも検討するとよいでしょう。

また蛇口だけを取り換える方法もあります。汚れのつきにくい蛇口に変えたり、丸ごとリフォームして新しくしたりすることで、綺麗な水まわりになります。

リフォームを希望する際は、仕上がりをイメージするためにメーカーの展示場やカタログ、ネットのリフォーム事例なども検索するようにしてください。

まとめ

今回は、蛇口を清潔に保つためのお手入れ方法を紹介しました。蛇口の汚れは、表側だけでなく裏側にも付着しています。裏側の汚れは意外と見落としがちなので、掃除をする際は裏側もよく見るようにしましょう。

蛇口の汚れがどうしても綺麗にならない場合や、設置してから長年経過している場合は、リフォームも検討するようにしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧