水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

住宅ローンはリフォームにも使えるってホント?リフォームローンとの違いを解説

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

水回りリフォームを行うとなれば気になるのは必要となる費用ではないでしょうか。一括で支払えないとなればローンを利用することになりますが、その際にはリフォームローンにするべきか、住宅ローンも水回りリフォームで使えるのかなど悩むことが多くなります。内容をよく比較し、理解した上で利用するようにしましょう。

住宅ローンも利用可能となっている

住宅ローンはリフォーム時には利用できないと考えている人も多いですが、リフォームのみでも利用できるようになっています。基本的には自宅の購入や建築の際に利用するローンですが、リフォーム時にも利用することは可能であり、当然、水回りリフォームも対象です。

金利の低さや返済期間の長さは他のローンとは比べ物にならないほど、条件が良いので他のローンを利用するくらいなら住宅のローンを利用するべきということは間違いありません。増改築のための費用としても認めている金融機関は数多く存在しており、その場合には増改築に水回りのリフォームといった住宅に関する修繕工事を含むことになります。

しかし必ずしも利用できるばかりではないので、金融機関に確認しておき対象になっているかチェックしておくことも忘れてはいけません。借りることができる金額が大きいという点も、このローンのメリットの一つであり、水回り以外もまとめてリフォームしたいと考えている場合にも、ぴったりのローンと言えます。

大阪には数多くのリフォーム業者が存在しているように、住宅ローンを扱っている金融機関がたくさんあります。どこを選ぶかにより、金利や借りることができる金額、返済の期間など異なる点は多くなるので、大阪でも複数に相談するなどして内容をしっかりと理解した上で最適な一つを選ぶことが大切です。

それぞれのローンの特徴や違いについて

リフォームローンの方が審査クリアしやすいことも多いですが、金利を考えるのであれば住宅のローンを利用しておくべきと言えます。10年以上のローンを借り入れなら、住宅ローン減税の適用を受けることもできるので、自己資金に余裕がある場合でもあえて住宅ローンを利用して金銭面の負担を抑えるという方法もあります。

ローンを組むことにより当然利息は発生しますが、住宅ローン減税を利用することができれば利息相当分の多くを回収できる可能性があります。リフォームとなればある程度まとまった費用が必要になるので、その金額が一度に手元からなくなるとなれば、心細いかと思います。万が一の事態に備えて、あえてローンを組んでおくというのも一つの考え方と言えます。

保証料が金利に含まれている場合と含まれていない場合があり、含まれていない時は金利への上乗せを行う組込み型か、借入時に一括して払う一括前払い型から選択することになります。

その他にも事務手数料が発生するローンがあったり、登録免許税などの手続きを司法書士に依頼するとなれば、その費用も考えておかなくてはなりません。借入額が少ない場合には、諸費用負担の割合が増えるので、リフォームローンよりも住宅ローンのほうが、返済総額が高くなることもあるので気をつけましょう。

ローン利用時に注意しておくべきポイント

ローンを組むためには必ず審査を受けなくてはならず、誰もがかならずローンが組めるばかりではないので気をつけましょう。審査にはある程度期間が必要になることも多いので、余裕を持って申し込むことが大切です。

大阪には数多くの水回りリフォーム業者がありますが、どこを選ぶかにより利用できるローンにも違いがあるケースも珍しくないので気をつけなくてはなりません。あらゆる魅力があるのが住宅ローンですが、借り入れ条件はリフォームローンに比べ厳格という点は間違いないのではないでしょうか。

審査には借り入れる人に関する項目と、物件に関する項目があり両方をクリアしなければなりません。団体信用生命保険への加入も義務となっていることが多く、健康状態により保険に入れないとなれば、ローンの借り入れも困難になります。現在進行形で住宅のローンを借り入れている時には、審査クリアはできないことも珍しくはありません。

建物が担保になるからこそ、返済の遅延や停滞などが起こらない資金計画になっているか確認があるのは当然必要であり、だれでも利用できるローンではないことは理解しておくべきです。

まずは住宅のローンの審査を受けてみて、クリアできなかった場合にリフォームローンを利用するのも、ひとつの手段ではないでしょうか。きちんと比較して納得できる先から借りるようにすることで、無駄な出費を防ぐことができます。

 

住宅ローンとリフォームローンには内容に違いがあることは確かであり、よく確かめてから決めるようにしましょう。リフォームのみでも住宅のローンも利用可能となっていますが、審査は厳しいので誰もが簡単にクリア出来るばかりではありません。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧