水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

これで長持ち!正しい水回りのお手入れ方法とは

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/06/14


水まわりは毎日使用するものですから、常にきれいにしておきたいものです。しかし、間違った掃除方法を行うと、逆効果になってしまうこともあります。ここでは、水回りを長持ちさせることができる、正しい掃除の仕方、NG行為、どうしても汚れが落ちないときの対処法について解説していきます。

水回りを長持ちさせる正しい掃除の仕方

水まわりは、常に水分や湿気にさらされ、使用頻度が高いことから汚れやすいのが特徴です。こまめなお手入れはもちろんのこと、お手入れの方法や道具にも気を配るようにしましょう。毎日の料理に使うステンレスや人工大理石の洗い場に食事が済んだ皿や調理器具を山積みにしている方は多いのではないでしょうか。「まとめて洗えば効率がいい」「一回ずつ洗うのは時間もかかるし、面倒」と考えるのももっともです。

しかし、食事で出る汚れは、あらゆるもので構成されています。油、野菜カス、肉や魚のタンパク質、ご飯などのでんぷん質、それらを落とすために使う食器洗い洗剤の流し残りなどです。これらは、洗い場に皿や調理器具を置くごとに蓄積され、それぞれが目に見えないレベルで強固に結びつき、固着します。見た目の面だけでなく、洗い場の美化のためにも食事の都度洗うようにしましょう。

それでも、毎日使用すれば、水垢、油分、食べ物カスなどが付着していきます。これを落とすには、百円ショップやホームセンターなどで販売されている「メラニン」スポンジを使用して落とすのがおすすめです。メラニンスポンジは、通常のスポンジよりもはるかに小さい穴を持ち、その穴に汚れを吸着させます。そのため、汚れを浮かせたり、分解したりする洗剤を必要としません。必要なのは水だけです。メラニンスポンジに水を含ませ、消しゴムのように軽く擦れば面白いほどに汚れを落としてくれます。

トイレのお掃除もこまめに行いたいことの一つです。トイレは家族皆が共用で、毎日使用しますから、汚れやすくなるのは当然です。トイレの汚れの主なものは尿石です。これは、尿が付着して固まったものです。「尿が固まる?どういうこと?」と思う方もいるかもしれませんが、これは人間が体内で吸収しきれなかったカルシウムなどによるものです。一度尿石として固まってしまったら、簡単には落ちません。そうならないためにも、こまめなお手入れが必要なのです。

最近のトイレは非常に進化していて「自動洗浄機能」「防汚素材」を採用しているものもありますが、これは汚れをつきにくくする手助けをしてくれるものです。汚れ自体がつかないわけではありません。では、もし尿石がついてしまったらどうすれば良いのかというと「初期は酸性洗剤」「それでもダメならクエン酸と重曹の組み合わせ」「最終手段は紙やすりで擦り落とす」という方法をとります。

酸性洗剤は、おなじみの商品があるので割愛しますが、液状で使いやすく、常に常備しておくと良いでしょう。クエン酸、重曹は家庭においてある手に入りやすいものです。どちらもトイレだけでなく、家中使える安全で強力なものです。これらを水に溶かし、スプレーするだけで尿石を溶かしてくれます。紙やすりは、できるだけ行いたくない手段ではありますが、使用の際は耐水性のものを選びましょう。尿石の部分のみを擦るようにし、間違っても便器の部分を擦らないようにしましょう。

これはダメ!NGな行為とは

上記のように、水まわりの機器は非常にデリケートな素材を使用しています。間違ったお手入れをして、汚れが付着しやすくなったり、傷をつけてしまったりしては、元も子もありません。最も注意したいのが水まわりに限らず、硬い素材でゴシゴシ擦ることです。汚れを落としたい一心で一生懸命擦る気持ちは分からなくもないですが、一番してはならないことです。ステンレス、人工大理石の洗い場、陶器でできたトイレの便器を硬い素材で擦れば、何が起こるか想像してみてください。表面には無数の傷ができ、表面上はきれいになったように見えても、その傷に汚れが入り込み、さらにしつこい汚れを呼び込むことになります。

それを落とそうとさらにゴシゴシ。などとすれば、結果は悲惨なものです。これらの機器をお手入れするときは、その素材より柔らかいものを選択し、できるだけ傷を付けずに、掃除することが大前提になります。これは、つけおきをする場合、熱湯を使用する際にも言えます。つけおき時間を長くすれば、機器を痛めやすくなります。長くても30分くらいにとどめましょう。熱湯は消毒には効果的ですが、機器や排水管を変質させる原因になります。排水溝に流す温度は、50度程度にとどめなければなりません。

どうしても汚れが落ちないときの対処法

上記のように、それぞれにあったお手入れをしても汚れが落ちない場合には、プロに相談することがおすすめです。プロは強力な洗剤や技術を駆使して、汚れを落とします。機器や汚れの性質を理解しているので、汚れを落としつつ、機器も痛めないことを両立できるのです。掃除する時間のない方、どうしても落ちない汚れを落としたい方は、依頼する価値があるでしょう。

 

水回りを長持ちさせる正しい掃除の仕方、NGな行為、どうしても汚れが落ちないときの対処法について解説してきました。水まわりのお手入れは、こまめに行うことが重要です。また、正しいお手入れをすることできれいさをキープできるでしょう。上記を参考に水回りのお手入れを見直してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧