水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

水回りにこそおすすめ?漆喰壁を取り入れるとどんなメリットがある?

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/17


部屋の壁に使用する壁材を変えると、家の雰囲気は大きく変わります。壁は目に留まる範囲が広いので、壁材が変わるだけで部屋全体の印象が変わるのです。壁材に漆喰を使うと、どのような雰囲気の住まいになるのでしょうか。この記事では、漆喰壁のメリットやデメリットなどをお伝えします。

漆喰を壁に利用するとどんなメリットがあるのか

漆喰は、石灰と糊と苆で作られています。壁の上塗りで使われてきたもので、昔の建物でも多く使われていました。昔から使われてきていて分かっていることは、漆喰壁は強い耐久性があるということです。漆喰の壁にはどのようなメリットがあるのかまとめておきます。

お手入れしやすい壁

漆喰壁は凹凸があるので、お手入れがしにくいイメージがあるかもしれません。しかし、張り替えする手間がかからないので、お手入れしやすいといわれています。漆喰壁は、ホコリも付着しにくいので、そういった点でもお手入れしやすいといえるでしょう。万が一汚れたり、剥がれたりしている部分があっても、上から漆喰を塗れば綺麗な状態に戻せます。

湿気を調整してくれる

漆喰の壁は、調湿性が高いといわれています。漆喰に小さな穴がたくさんあいているので、ここから湿気を逃がしてくれるのです。漆喰壁は、温度が高いところでは湿気を吸い取ってくれて、温度が低いところでは湿気を逃がしてくれます。これにより、ちょうどよい湿度を保てる部屋になります。

燃えにくい

漆喰の壁は耐火性が高いです。燃えにくいので防火対策としても役立つといわれています。また、燃えても有害物質が出ないという点で二次災害も防げます。

耐久性がある

耐久性が高いので、長くよい状態を保てます。適切な手入れをすれば100年以上もつともいわれているのが漆喰壁です。

和室にも洋室にも使える

漆喰と聞くと、和室のイメージがあるかもしれません。しかし、漆喰壁のデザインを工夫すれば、洋風の部屋にも合わせることができます。洋風の部屋もよりおしゃれにしてくれるのが漆喰壁の魅力です。

消臭効果や抗菌効果も

抗菌、消臭効果もあるのが漆喰壁の魅力です。漆喰壁は強いアルカリ性の性質がある壁なので、酸性のニオイを中和してくれるのです。ニオイや汚れ、雑菌の繁殖が気になる水まわりにも最適です。

漆喰壁にもデメリットはある?

漆喰壁にはたくさんのメリットがあるのですが、メリットだけでなくデメリットも存在しています。では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

完成までに手間や時間がかかる

漆喰壁にする場合、下塗りをしてから仕上げ塗りという工程があります。段階的に仕上げていく必要があるので完成までに時間がかかってしまうのです。

施工費用が高い

手間も時間もかかるので、その分費用が高くなります。ただし、通常の壁では途中で張り替えすることもあるので、途中で張り替えしなくてよい漆喰壁は、長い目で見ると安くなる可能性もあるでしょう。

汚れが目立つことも

漆喰壁は、汚れを吸収してしまいやすいので、色のついたものがしみ込むと目立ってしまいます。

プロの施工者が少ない

漆喰の壁は、漆喰塗ができる職人さんに依頼することになりますが、これができる職人さんは少ないといわれています。綺麗に仕上げるために、専門としている職人さんに施行してもらいましょう。

ひび割れすることもある

年数が経過するとひび割れしてしまうこともあります。正しく施工されていればひび割れのリスクは減るでしょう。ひび割れしてしまった時は、上から漆喰を塗り直すことで改善されます。

メンテナンスをすればきれい&機能性を保てる

漆喰壁をよい状態で維持したい場合、どのようにすればよい状態でキープできるのでしょうか。正しいメンテナンス方法をまとめておきます。

消しゴムで汚れを落とす

こすれたような軽い汚れは、消しゴムやメラミンスポンジを使ってこすると落とすことができます。メラニンスポンジは水に濡らして使いましょう。ただし、年数が経過してくると色が変わる場合もあるので、まずは目立ちにくい場所で汚れ落としを試してください。消しゴムやメラミンスポンジは、壁を傷めないので安心です。

サンドペーパーで落す

メラミンスポンジや消しゴムでは落とすことができない汚れは、サンドペーパーで落しましょう。目の細かなサンドペーパーでこすっていけば汚れが落ちます。ただし、強くこすると削りすぎになるので注意しましょう。

重曹で落す

サンドペーパーでも落ちない場合は、重曹を使うとよいです。水と混ぜてペースト状にして、ここに漂白剤を5倍に薄めて使います。重曹を塗った後に、漂白剤をつけて放置、最後に水を吹きかけて落とします。

水回りに漆喰壁はおすすめ!

漆喰の性質から、漆喰壁は水まわりに最適といわれています。水まわりの清潔感やお手入れのしやすさを叶えてくれるのが漆喰壁の魅力です。耐久性、耐火性、調湿性、抗菌効果、消臭効果と水まわりで気になる悩みを一層してくれる特徴があります。正しくメンテナンスすれば長く使えるので、漆喰壁も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

古くから日本家屋に用いられてきた漆喰は部屋全体の雰囲気を変えるだけでなく、耐久性や抗菌効果があるなど、さまざまなメリットがあります。その反面、適切なメンテナンスをこまめに行う必要があり、機能性をキープするには手間をかけなければいけません。この記事を参考に正しくメンテナンスを行って漆喰壁のメリットを活かし、長期にわたって使用できる状態を維持しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧