水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

水回りリフォームの工事期間中のお風呂やトイレはどうする?

公開日:2020/12/15  

近年の大阪は経済が発展しており、それに比例してリフォームをする需要も増加傾向にあります。とくにトイレやお風呂といった水回りリフォームを行う人が多いのですが、ここで気になるのが工事中における利用です。実際に大阪でのリフォーム事例をもとに、水回りリフォームの流れと期間そして工事中での利用方法などを知っておく必要があります。

水回りリフォームの流れと期間のおさらい

大阪でのリフォームを参考に、水回りリフォームの流れをおさらいします。水回りリフォームは水漏れを防ぐために、住宅に設置された水管への供給を止めるところから始まるのです。給水メーターを見て止まったことを確認できたら、今度は感電リスクを防ぐためにブレーカーを落とすだけでなく配電線設備も取り除きます。

ブレーカーと配電設備を取り除いて感電リスクを防いだら、部屋全体を水浸しにしないためにビニールシートで養生を行います。部屋全体の養生が終わったら、少しずつ古い水回り設備を外していきます。

水回り設備の取り外しが終わったら、2つの工程に分岐します。水回りリフォームをする際に、当然ながら事前に下見は必要です。下見の項目としては、供給する水回りの配管になります。この配管が経年劣化をしていると破損して使い物にならなくなるため、老朽化が進んでいる場合には設備設置よりも前に配管工事など安定的に供給と排出ができる状態にしなければなりません。もし老朽化があまり進んでいないのであれば、軽い清掃を行ったうえで設置の工程に入ります。

事前に依頼しておいた水回り設備を設置し、取り外しておいた配電設備を再設置します。配電設備を設置して電気が流れたことを確認できたら、実際に水を流してみて水がしっかりと流れているのと漏れていないかをくまなく確認します。これらのチェックがすべて完了した段階で、水回りリフォームが完了します。

水回りリフォームを行う場所によって終了期間が違う

実際に水回りリフォームをするうえで、最も気になるのが使用できるまでの期間です。この使用できるまでの期間というのは、水回りリフォームを行うポイントで違いがあります。水回りリフォームにおける再使用において、最も早いのはトイレを行う場合です。

トイレをリフォームする場合において、場所を変える工事をする場合には1週間以上を必要になります。しかし場所を変えずに設備だけを変える場合には、水の供給を止めた後にトイレの汚水を取り除いたのちに新しく設置をするだけです。そのためトイレをリフォームする際には、1日あれば工事は完了するのですぐに使えるようになります。

ただトイレ以外の、キッチンやお風呂などの大規模工事になると話は異なります。これらのキッチンや台所といった水回りだと、規模が大きいだけでなくガスや電気の配線の取り外しなど大掛かりな工事です。そのためすべての工程を終えるだけでなく、トイレ以上に最も安全性が高くなければならないポイントなのでリフォーム企業では細かいチェックポイントが設定されています。

その細かいチェックポイントをすべて完了し安全が確認できたうえで使用できるので、トイレ以外の水回りリフォームが完了する場合には最低でも1週間以上かかることを見越しておく必要があります。これらの点からリフォームを行う際に、水回りによって終了までの期間が違うのであらかじめ覚えておくことが重要です。

工事期間中は使えないので代わりの方法を考えておく

水回りリフォームは行う場所によって終了期間が違うことがわかったところで、次に重要になるのが期間中の生活です。残念ながら工事期間中は、先にいったとおりに水の供給をすべてカットするので使えなくなります。

トイレだけをリフォームする際には、工事期間は当日だけで済むのですぐに使えるようになるので心配ありません。工事期間中は業者が用意をした仮設トイレを使わせてもらうか、最寄りのスーパーやコンビニで使わせてもらうという形にすれば大丈夫です。

ただキッチンやお風呂などを工事する場合には、先にいったとおりにとくに安全性が重要なので完了までの期間が1週間はかかります。キッチンを工事する場合には、その間は料理をできなくなります。そのため別の住宅環境で電気が使える場合にはホットプレートを利用し、電気が止められている場合にはガスボンベを利用するカセットコンロを使って炊事をする方が多いようです。カセットコンロのボンベがなくなれば、コンビニや最寄りの弁当屋で購入するのも一つの選択肢でしょう。

お風呂場をリフォームする際には、費用が掛かってしまいますが最寄りの銭湯を使うことをおすすめします。銭湯が休養日だった場合には、お湯を用意してタオルで体をふいてきれいにする方法があります。このように水回りリフォームをする際には、設備が完全に使えなくなるので不自由な生活への負担を軽減する方法を用意しておくことが重要です。

 

大阪でのリフォームを参考にすると、実際に水回り工事がすべて完了する場合にはトイレを除いて1週間は必要ということを覚えておくことが大事です。そのうえで利用できない期間は、食事についてはお弁当の購入やカセットコンロを使って調理し、お風呂については費用が掛かりますが銭湯を利用することになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧