水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

キッチンリフォーム|キッチンに洗濯機置き場が欲しい!費用相場はどのくらい?

公開日:2020/04/15  

キッチンに洗濯機置き場があると、調理をしながら洗濯できるなど、家事の効率化にもつながります。大阪にある水回りリフォーム会社に依頼した場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。キッチンに洗濯機置き場を設置の仕方や必要な工事、費用相場についてご紹介します。

キッチンに洗濯機置き場は作りやすい

使用しているキッチンが流し台の場合、洗濯機置き場を作ることは簡単です。排水管や電気コンセントなど、洗濯機を設置できる条件が揃っている他、流し台は区切ることが可能だからです。流し台の下に設置しなくても、他にスペースがあるなら問題ありませんが、限られている空間に新たな空間を作るには、一部分を変更する必要があります。

流し台の下に洗濯機置き場を作る場合、使用していない収納スペースを、洗濯置き場に変えるようにします。シンクは必ず使うものですので、シンクの下は無理ですが、遊んでいるスペースがあったら、そこに洗濯機を置くようにすると良いでしょう。

洗濯機を設置するスペースは限られていますので、洗濯機にスペースを合わせるよりも、設置可能な洗濯機を新たに設置したほうがやりやすいでしょう。流し台の下のスペースの目安はだいたい60センチほどです。

流し台の下に置く洗濯機は、従来のものよりコンパクトな超小型洗濯機です。通常洗濯機は蓋が上についていますが、流し台の下に置くタイプは、洗濯機の正面に扉がついていて、そこから洗濯物を出し入れします。

慣れるまで違和感があると思いますが、キッチンにいながら洗濯できるのは、時間の効率化につながるというメリットがあります。流し台の下に洗濯機を設置すると、キッチンに洗濯機を置いても見た目がスッキリしますし、家事動線も邪魔しません。

キッチンに洗濯機置き場を作る水回りリフォームの流れ

流し台の下に洗濯機置き場を設置する場合、流し台の撤去作業から始まります。と言っても流し台全部ではなく、撤去するのはその一部です。その後洗濯機に水を供給するため、洗濯機の給水配管を設置します。

洗濯機の給水配管は、流し台の配管から分岐させることでできます。洗濯機用の水栓を設置するのもこのときです。水栓にはいくつか種類があり、緊急止水タイプは例えばホースが抜けて水が漏れしそうな場合、自動で水を止めます。どの水栓を使用するかは依頼先のリフォーム店次第ですが、緊急止水タイプを希望するなら、工事に入る前にその旨を伝えておくと良いでしょう。

給水とともに排水配管も設置します。この場合も流し台の排水配管から分岐させてつなぎます。既存の排水管から分岐させて新たに排水管をつくるというと簡単に聞こえるかも知れませんが、分岐させる部分を間違えると、流し台の排水管から流れた水が洗濯機に行ってしまうので、専門家による作業が望まれます。

洗濯機のリフォームは、水回りの工事になりますので、大阪にあるリフォーム店に依頼する時は注意が必要です。水回りリフォームに詳しくない店に依頼すると、他の店が入ることもあり、複雑になります。できれば水回りリフォームに詳しく、実績の多いところがおすすめです。

水回りの配管は思ったより複雑ですので、プロに任せたほうが安心です。大阪には水回りの工事を得意とするリフォーム店はたくさんありますので、費用やサービスなどを比較して条件にあったところを選ぶようにしましょう。

洗濯機置き場を設置する際の水回りリフォーム費用の相場

洗濯機置き場を設置する際必要な費用は、洗濯機パンや水栓などの必要な部品、そして新たに洗濯機を購入する場合はその費用もかかります。水回りリフォームに必要な工事は、給排水工事や電気工事費などで、壁や床を開口する・復旧する場合、その分工事費が必要です。

洗濯機パンと設置する費用は、本体の種類にもよりますが、相場は4万円前後です。緊急止水機能がついた水栓を取り付ける費用の相場は約1万円です。洗濯機を設置する前に、給排水管を分岐させて接続しますが、接続工事費は2~8万円ほどと、相場に幅があります。

リフォーム店が設定している料金もありますが、工事の複雑さや程度も影響していると考えられます。洗濯機を稼働させるため電気コンセントを設置した場合の費用相場は約1万円、開口した壁や床を復旧する工事は約5万円です。その他雑費に1万円かかるとすると、水回りリフォーム費用の相場は合計で15万円~となります。

水回りリフォームの際に、他にも回収する箇所があった場合、まとめて施工することをおすすめします。一度にしたほうが時間的にも経済的にも効率が良いからです。別々に工事をすると、工事の依頼や見積もりの取り寄せ、工事の日取り取り決めなど作業が増えますし、費用も割高になる傾向があります。

キッチンの下に洗濯機を設置することで、棚や手洗いカウンターを取り付けたくなるかもしれません。利便性を考えて必要なものについても、同時に済ませてしまうと良いでしょう。

 

キッチンの流し台スペースに洗濯機置き場を作ることは、利便性や設置し安さを考えると、理想的なスペースです。設置する際は水道工事になりますので、専門店に依頼することが、失敗しないポイントになります。大阪には実績のある水回りリフォーム店がたくさんありますので、費用相場を参考にしながら良いところを選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧