水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

お風呂リフォームにかかる期間を知りたいその間お風呂は我慢する?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

水回りリフォームの中でも多いのはお風呂です。工事期間中にはお風呂に入ることができないので、どの程度の日数が必要になるのかや、その間お風呂をどうするかなと、考えておかなくてはならない点は多々あります。

きちんとスケジュールを立てて、業者と打ち合わせを行うことが重要です。

一般的に必要となる工事期間とは

リフォームすることは長い人生の中で頻繁にあることではありませんが、その中でも水回りリフォームに関しては頭を悩ませることが多いのではないでしょうか。お風呂の場合にはどの程度の期間で工事が終わるのかは、かなり気になるポイントの一つとなることは確かです。

お風呂は毎日使う場所であり、長い間利用できないとなれば困りますので、どの程度で完成するか気になるのは当然かと思います。リフォームに必要となる期間は方法や種類によって異なりますが、最も影響が大きいのは現状のお風呂がユニットバスか、タイル風呂かという違いではないでしょうか。

ユニットバスからユニットバスへのリフォームは、一般的には3日から4日で終わりますが、最短では1日で終了するスピーディーさを強みとしている業者もあります。バスタブのみの交換となれば簡単なので、1日で終わることが基本と考えておきましょう。新しい機能も新たに追加するとなれば、当然その分手間もかかるので工事の工程も増えることになり、期間が長くなることも珍しくありません。

タイル風呂からユニットバスにリフォームするとなれば、平均で4日から7日必要になります。長ければ10日間ほどかかってしまうこともありますが、業者によって3日程度で終わらせてもらえるケースもあります。一概にどの程度と言えないからこそ、複数から見積もりを取ったり相談して決めるようにしましょう。

リフォーム業者による違いについて

一口に大阪の水回りリフォーム業者といっても数多く存在しており、見積もりを取り料金を比較し、安いという理由で判断してしまいがちですが、その際には工事に必要となるトータル期間にも注目しておくことが大切です。

提案してもらったリフォーム内容の違いにより工期も異なることは頭に置いておき、本当に必要になるのはどの程度かを理解しておくことが必要です。当然のことですが、依頼する業者が異なれば作業を行うスタッフや職人にも当然違いがあるので、しっかり考えて選ぶことが大切です。

業者が見積もりから施工、引き渡しまで一貫して行っている場合から他の業者に委託する部分があるかによる違いもあります。リフォームは複数の専門の職人によって進められることも多く、全ての工程において全ての職人の手配が完璧に行われなければなりません。
スムーズに手配できれば良いですが、繁忙期はスムーズに手配できないこともあります。大阪に数あるリフォーム業者によって、職人の手配がうまくいくかに差は生まれることになります。

見積もり上の工期は短期間でも、手配がうまくできなければその分仕上がりは先延ばしになっていくのは当然のことではないでしょうか。工期を短くしたいと考えるのであれば、繁忙期を避けたり契約から着工までの期間に余裕を持たせましょう。

工事期間中のお風呂の利用について

工事期間中には当然お風呂を利用することはできず、浴槽だけではなくシャワーも使うことはできません。しかしその間ずっとお風呂を我慢するのは困難であり、基本的には近所の銭湯などを利用することになるかもしれません。

近年ではネットカフェなどでもシャワーを利用できる時代であり、お風呂に入ることができず困るということはほとんどありません。銭湯やネットカフェを利用するとなれば、当然金銭面の負担もあるのでその点も考えてリフォームを行うべきです。

水回りリフォームは何らかの理由から予定よりも工事が長引いてしまうこともあるので、開始日もしっかり考えておかなくてはなりません。大阪の水回りリフォーム業者も、年末年始を挟んでしまうとその間は休みになってしまうことが多いので、年末年始は挟まないようにしておくべきです。

工事開始になると、その日から終了までお風呂に入ることはできないので、銭湯の利用などの日数も増えてしまい、金銭面の負担が大きくなったり、手間がかかるので気をつけましょう。

お風呂のリフォームはそう簡単なことばかりではなく、職人がきちんと考えて一つひとつの作業をミスなく行っているからこそ、ある程度の日数がかかるのは当然のことです。丁寧であり確実な工事が必須であり、作業時間が早いという理由だけで判断しないように気をつけて業者を選びましょう。

 

お風呂のリフォームを行うのであれば、その期間は利用することができないので、頭を悩ませるのではないでしょうか。どの程度の日数が必要になるかは、作業内容による違いはもちろん繁忙期化による違いもあるので、きちんと計画を立てて依頼するべきです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧