水回りのリフォームをお考えの方必見!大阪でおすすめの水回りのリフォームに特化した業者を厳選してご紹介します!

キッチンのリフォームとレンジフードの交換は同時にやるべき?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/19

毎日の調理の際に発生するにおいや煙を、キッチンの外へと排出してくれるのがレンジフードの役目です。水蒸気や油などで汚れやすく、長く使っていれば故障も起こりやすくなります。

大阪で水回りリフォームを検討する時にレンジフードも同時に交換するとどんなメリットがあるか紹介していきます。

レンジフードの交換時期はどうやって見極める?

加熱調理の際に油や煙、水蒸気を外へと排出するために、レンジフードは欠かせない機器です。日常的な調理で発生する油などを含む空気を換気扇の排気するシステムなので、長期間使用すればモーターなどにもトラブルが起こりやすくなります。

また、モーター部分だけでなく、こびりついた油などによる汚れをこまめに掃除しなければ、換気扇そのものにも大きな負担をかけ続けることになってしまいます。そのためレンジフードは普段のお手入れや扱い方によって寿命は変わってくるのですが、おおむね10年がその目安とされています。

レンジフードが故障する部分は、主に換気扇とモーターの2か所です。交換時期を知らせるサインとしては、換気扇が回転する際に異常音や異臭がしてきたり、不自然な回り方になったりすることが挙げられます。

機械設備なのでおおむね7年程度経過数とモーターの劣化が始まり、異音が発生するケースが多くなります。ちょっと気になるなという段階で掃除なり修理などをせずに放置すると、いずれは止まってしまう事にもつながります。レンジフード内部を掃除しても気になる症状が改善しなければ、業者にすぐに見てもらうのがおすすめです。

場合によっては電気配線の接触による火災の危険性もあるので要注意です。いずれにしても不具合が出たらなるべく早く対処するための準備をすることが求められます。

レンジフードの交換をリフォームと一緒にすることのメリット

キッチンは、日常的な調理などで汚れやすいうえ、設備機器も一定の期間を経過するとトラブルが起こりやすくなります。水回りリフォームを検討する時、キッチンのリフォームを希望する人がとても多いと言われるのもそのためです。

キッチンでコンロや換気扇などの設備機器は、不具合が出たタイミングで単体で交換することももちろん可能です。コンロも同じように調理の際に油や吹き零れなどによってしつこい汚れが蓄積しやすいため、長く使う間にはどうしても交換が必要になるケースが出てきます。

コンロの交換は単体でもそれほど工事工程が必要ないのですが、レンジフードの取り付けに際しては取り付け工事がある程度のボリュームになる事から、単体で交換工事をしようとすれば、工事内容にもよりますが大体4万程度は見込んでおくとよいと言われます。これには本体価格は含まれないので、レンジフード本体を含めるとそれなりに高額な交換費用が発生することになります。

その為キッチンなどの水回りリフォームを検討するなら、そのタイミングでレンジフードの交換を合わせて行う事が出来れば、設置工事費を単体で工事を発注するよりも抑える事が出来ます。キッチン全体をリフォームする予定ならば、レンジフードも含めてコンロ周りを一新するタイミングで行えるので、壁や天井も含めて一気にコンロ周りがきれいになって快適なキッチンが実現できます。

状態によっては修理が可能な場合も

レンジフード本体の故障と言っても、部分的な故障であれば部品の交換をするだけで修理が可能な場合もあります。良くあるのが、本体のスイッチが押せなくなってしまうトラブルです。油がこびりついてスイッチが押せなくなっているだけなら丁寧に掃除をすれば解消できるのですが、スイッチ自体が作動しない場合はスイッチ周りの部品交換が必要になる事が考えられます。

また、使用中にモーターから異音が聞こえてくるようなトラブルの場合、モーターの交換修理をすればトラブルの解消が可能なケースもあります。修理か交換かは設置してからどれくらいの年数が経過しているかもおおよその目安にはなるのですが、設置後それ程年数が経過していなければ故障の程度によっては修理によってトラブルが解消することも考えられます。

それでも、設置から長年経過した古いタイプの場合は、修理のための部品を業者がすでに生産していない場合もあるし、修理の内容によっては費用がかなりかかるうえ、修理してもまたすぐにほかの部分に不具合が生じてしまう可能性もあります。

そのため、設置からある程度年数が経過しているものならば、思い切ってレンジフードを交換してみる方が良い場合が少なくありません。おおむね10年以上経過したものは修理よりもむしろ交換した方が、長い目で見れば費用を抑えられるケースもあるので、まずは業者に相談してみるのがおすすめです。

 

レンジフードの性能が低下すると、臭いや汚れだけでなく、時には火災の原因になる事も考えられます。大阪でリフォーム業者を探す際に、水回りリフォームを手掛ける大阪の業者に関する情報を提供するサイトを活用して、安心して任せられる業者を選びましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧